電化製品の扱いについて

「質屋 池袋」の事に関する情報サイトです。
池袋にはたくさんの質屋がありますが、電化製品も質屋に持っていけばお金になるのでしょうか?

電化製品の扱いについて

質屋のイメージは昔と変わっており、ブランド物を持ち込めば良い商品ほど高く買い取ってくれる事から若い女性も気軽に利用できるようになっています。

池袋にもたくさんの質屋がありますが、質屋という看板を掲げている以上、昔ながらの質預けを利用する事もできます。

質屋では持ち込んだ品物を買い取る事もしていますが、品物を担保として預けお金借りるという使い方もできます。

借りたお金に対しては利子も発生しますし、決められた期間以内に返済できない場合は、質流れ品となり質屋の店頭に並びます。

昔は品物を担保として預けお金を借りる、金貸しをするのが質屋のイメージでした。

今はブランド物の買取に力を入れる質屋も増えていますが、商品に関する査定基準は各質屋により違いはあります。

例えば電化製品ですが、新品なら買取という選択肢もありますが、家電の場合は売っても二束三文でしょう。

電化製品という意味ではカメラやiPodなどの音楽プレーヤーを預けてお金を借りるという人は多いようです。

ただしあまり使い込んで年季の入ったものは、大した金額にはならないのが一般的です。

池袋の質屋でも品物をあずけてお金を借りる人は意外と多いのですが、預ける品物で多いのは時計、宝石、バッグ、地金などが多く、電化製品はわずかですが品物によっては担保になります。

借りる金額は担保の価値により変わりますが、1万円から10万円が最も多く、1万円未満が次に多いという統計が出ています。